入居するには待機が必要?

現在、高齢者の介護施設の紹介を待っているような方はかなり多くなっています。施設をすぐに案内されるような方は、要介護度の高い方からという状態のようです。市区町村などに依頼はしてもなかなか、即入居といった施設がなく、定員オーバーの施設が多いようです。
すぐに入居できるような介護施設は、非常に高額で、マンションを買うようなイメージになってしまいます。待機児童のように高齢者も待機していますので、案内にありつくまでが大変です。





紹介されるようなポイントは、要介護度が高いことと、家庭のやむをえない事情で介護が出来ないような場合には、時間はかかりますが、一般の方よりスムーズに行くようです。
ステップとしては、デイケアなどの家庭と施設を両方使いながら介護を行ってから、介護福祉士やケアマネージャーなどによる斡旋によって施設への入所が決まるようなケースが多いようです。何らかの持病がある方は、病院などの医療機関に併設された介護施設を教えてもらえるようです。
地方では家族世帯が多いために、家庭で介護できそうですが、都市部では紹介のハードルが高いため、要介護度に基づいた介護施設を、待ち時間はありますが紹介してもらわなければならないようです。